宗教の聖地!イスラエルのおすすめ都市とスポット

3つの宗教の聖地エルサレム

エルサレムはキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地であり、イスラエル旅行で外せない都市です。旧市街のユダヤ地区にある嘆きの壁、イスラム教の聖地である岩のドーム、キリスト教の聖地の聖墳墓協会など、見どころがたくさんあります。また、エルサレムの旧市街自体が世界遺産に登録されており、宗教的、歴史的建築物の宝庫です。
一方、新市街は旧市街の150倍の大きさがあり、近代的な建物が立ち並んでいます。旧市街と新市街の違いも楽しめます。

ぷかぷか浮かべる塩の湖の死海

死海はヨルダンとイスラエルの国境にある塩の湖で、イスラエルのリゾート地として人気です。死海の塩分濃度はなんと30%で、魚や微生物は生息できません。浮力が高く、泳ぎが苦手な人でも湖にぷかぷか浮かぶことが可能です。
また、死海の塩はミネラルがたっぷり含まれており、美容にも珍重されています。クレオパトラも使用していたといわれており、死海に入ることで美肌効果も期待できます。ただ、塩分濃度が高いため顔をつけることは禁じられているので気をつけましょう。

世界で最も古い町エリコ

エリコは死海の北西部にある海抜マイナス250メートルという、世界で最も標高が低い町です。それだけでなく、世界最古の町としても知られており、紀元前8000年から集落があったことが認められています。中東のベルサイユ宮殿と呼ばれるシャヒーム宮殿や、テル・アル・スタンの遺跡など、見どころも豊富です。聖書ゆかりのスポットも多く、砂漠のオアシスとして多くの観光客をひきつけています。

アドドドヴェンチャーで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です